白髪染め 汚れない

白髪染めの後始末が面倒なんです^^;

横浜在住の50代の夫婦です。

白髪染めの必要な夫婦


自宅は築40年の家を壊して、3年前に新築の家を建てたのです。
築40年といってもリフォームすれば、じゅうぶん住めたのですが。

 

これからのことを考えると、二人とも歳をとっていきます。

新築の家

 

狭い玄関先や急な階段・段差の多い浴室ではちょっとまずいかなと思い、思いきって新築の家を建てました。

 

やはり、新しい家はいいですよね。
何もかもキレイで、そして家は最近の気密性の高い造りです。
真夏や冬場はエアコンをつけると、比べられないほど快適です。

 

遅れましたが、私は、公認会計士をやっております。 公認会計士に定年はありません。
体が動きクライアントに応えられるうちは頑張るつもりでおります。
息子は二人おりますが、一人は、都内の大学に、もうひとりは、千葉の独身寮にいます。 自宅には、私たち二人です。

 

端から見たらそんなの大したことないと言われるでしょうが、、、悩みがありました。 
実は、髪染めに困っていたのです。 正確に言うと、髪を染めた後についてです。

 

白髪染めをしても両サイドのこめかみの部分の毛がすぐに伸び、根元の部分に白髪がでてしまうのです。

 

二週間もしないうちに、この部分の白髪は出てきます。
クライアントに会う時、整髪剤ををつけてバックにしますが白髪が混じると不潔感というか貧相ぽく見えるので、そのままにしたくないのです。

 

以前の古い家は、気にせず風呂場で染めていました。
古いから汚れても目立たないし少しぐらい汚れても仕方がないかという気持ちが強かったんですが、新しくなるとちょっと事情が違ってきます。

 

右の写真のように、水が飛んでシミになってしまうのです。
右下の写真はわかりづらいですが、タイルとタイルの目地の境も微妙に染まりました。

風呂場の壁


このまま繰り返すと、目地が黒く汚れてしまいます。

 

髪染めの後に、キレイに洗ったつもりでも、よく見るとついていることが多く、気づいた時は手遅れでシミになって落ちません。
今年の冬場には体が冷えてしまうので落ち着いてやってられません。

 

同じような悩みを持っている人は多いんじゃないかと思うんですが、、、、

 

なんかあるだろうと、いろいろと試しました。

タイル


いろんなブランドの普通の髪染め、シャンプータイプ、そして、現在、日光で染める白髪染めを使っています。
この白髪染めは、かなり変わっていますが、私には合っているようです。

 

注意点もありますが、同じような髪染めを探している人の参考になるかもしれないので、まとめておきます。

今まで使った髪染めとサンカラーマックスは、何が違う?

今までずっと、薬局で売られているメンズビゲンを使っていました。

メンズビゲンワンプッシュ

上のボタンを押すとクリームの出るメンズビゲンです 。

メンズビゲン

使いかけでも取っておけるし、素早く塗れるので気に入ってました。

 

この商品はプッシュすると二液が口先で混ざるような構造になっています。
せこくプッシュすると同じ分量が出ないので強く押すのがポイントです。

 

うまく混ざった状態でないとキレイに染まりません。
ノズルを水で流して詰まりをとっておかないと次回、使えなくなってしまいます。

 

上の壁のシミとタイルの黒ずみは、この商品の染めた後の洗い水でなりました。

 

昆布が成分

次に、昆布が成分ということで落ちやすいと思ったのですが、利尻ヘアトリートメントを購入。

利尻ヘアトリートメント黒

この毛染めは、天然成分ということで前から気になっていたんです。

 

この商品は三回染めましたが思うように染まらなかったです。
そして、壁やタイルについて乾いてしまうと、なかなか落ちないですね。
自然素材なので、拭けばキレイになるかと思ったんですが、、、その割に、髪の毛は色がつかないです。

 

あとで調べてわかったんですが、白髪染めでなくヘアマニュキュアと言うんですね。
白髪染めとヘアマニキュアの違いは、ヘアマニキュアは、白髪も染めて美髪ケアもできるということで天然素材でできているということです。
ビゲンのような酸化剤が入っているものは白髪染めです。

 

あとで、口コミを見ると、染める前に油分や洗髪剤を残さないようキレイに洗い下準備がいるようです。
ヘアマニュキュアと名前からしてフェミニンですが、女性が使う白髪染めは黒でも茶っぽく染まる傾向がありますね。

利尻ヘアシャンプー黒

 

次に、同じメーカーのシャンプー式のがあると知り、もう一本同時に注文したのです。

 

シャンプーなら水に流れてしまうので大丈夫かなと思ったのと販売元のページで男性の顔写真がついて、シャンプーしながら染まったと出ていたので期待したのです。

シャンプー

ですが私には合いませんでした。

 

利尻カラーシャンプー、染まりませんでした。
私の髪質には向かないのかなと思います。

 

シャンプーしながら染まれば最高だ!と思ったんですけどね。
注文前に、アマゾンの評価が気になったんですが、、、、
半数の人が効果がなかったという評価でしたから予感はしたのですが、使ってみないとわからないので。
私が使って向かなかったものは、家内が使ってますのでいいのです(^_^;) と言い訳をしておきます(・・)

 

結局、利尻製品は購入者の比率が圧倒的に女性が多そうなので、、、女性の髪の毛は男性に比べて細いですから。
効き方が違うのではと思いますね。
男物の毛染めは、バシッと黒に染まるんですが、女性用の黒は、同じ黒でもちょっと色味が違いますね。

 

この利尻カラーシリーズは、薬局で売られている毛染めと違い、デリケートで人を選ぶと思います。
しかし、使ってみて髪質にあうのなら天然成分で毛髪、頭皮にやさしいので間違いなくオススメです。
なんといっても、昆布が主成分で酸化剤など入っていないので。

 

サスティ/利尻ヘアカラートリートメント/初回限定1000円OFF

 

 

初回限定キャンペーン★1000円OFF実施中![白髪用]利尻カラーシャンプー

 

そして、現在使っている光で染める白髪染めです。
かなり、ユニークな髪染めですが、これは、合う人、合わない人、極端に別れると思います。

サンカラーマックス、使ってみる^_^

ヘアカラーサンマックスは、アマゾンで見つけたのですが、評価を見ると良好な感じなので試しに買ってみました。

ヘアカラーマックス男女


後で知ったのですが、試しに使ってみようという方は、直接、メーカーから購入したほうが安いです。
新製品のハーフサイズ(40グラム)が二本(80グラム)で3240円+360円(送料)!
明らかに安いです。 これ以上、安く買えるところはないです。
こちらになります → サンカラーマックス 初回限定1本無償プレゼント

アマゾンだと1本(75グラム)が5400円ですからね(*^^*) その差は大きいです(^_^)v

 

さて、本題に入っていきますが、一度使ってみないと、髪質にあうのかあわないのか、わかりません。

ヘアカラーマックスくし


アマゾンで見ていて、ひょっとして、これならという期待感はありました。

 

「洗う必要なし」 「朝、髪の毛につけて日光が当たると染まる」 「べとつかない」 「臭いなし」
私の目に止まったのは、この4点です。

 

定価は、75グラム 1本で、5400円です。 付属品は、専用のくしがついています。

サンカラーマックス40

ハーフサイズで40グラム 1本 3240円もあります。

 

サンカラーマックスには、婦人用と男性用の二種類があります。
男性用は、チューブの色が黒、女性用は、茶色です。

 

黒く染めるなら男性用と思い、何も考えずに男性用の黒を購入したのですが、どちらも値段は同じです。
どうも、乳化剤が入っているかどうか、仕上がりの質と速さが違うようです。

サンカラーマックス 男性用と女性用の違い
男性用と女性用は、乳化剤の有無により、仕上がりと染まるスピードが異なります。

 

● 男性用 整髪しやすい髪質に仕上がります。 染まるスピードは早いです。
● 女性用 サラサラとなめらかに仕上がります。 染まるスピードは、ゆっくりです。

 

サンカラーマックス、、、感想

 

太陽光線

初めてということで、天気が良い日曜の朝にやってみました。

 

チューブから付属のくしの上にクリームをつけて髪の毛の上に、こすりつけるだけです。
初めてなので、少し多めにつけましたが、特に難しいということはありません。
染まるまで何回かかかるだろうと思ってますので、ほどほど、クリームが行き渡ったと思われところでやめ、外に出て日光を当てます。

 

だいたい、15分ぐらいで塗ったクリームは乾きます。

グッドサイン

乾いてしまえば、特に臭いもなくべとつくこともないので全く気になりません。

夕方、家に戻り、風呂に入った時に頭を洗うだけです。
洗っても、黒ずんだ水になりません。 これなら、浴室を汚すことはなさそうです。

 

洗うと白髪の部分は少し黒くなった感じがする程度です。
翌日の朝も、同じことの繰り返しです。 白髪の部分が回数が増えていくたびに黒くなっていきます。
3回目が終わって、洗髪後に見ると、ほぼ染まった感じです。
「ほぼ」というのは、光をあてて斜めから見ると、染まった白髪の部分が少し薄く見えます。
あと、一回染めると、ちょうどいい感じです。

 

4回目が終わると、白髪の部分が目立たず、黒髪との差がわからなくなり、完全に染まりました。
※ 説明では、3回ということですが、私の場合は4回が終わった時点で染まりました。

自室で髪染め

 

「洗う必要がなく浴室を汚さない」という問題もクリアしました。
まわりを汚さないので浴室で染める必要がなく、自室でもキッチンでもでき、汚しません。
染めた後に洗う必要がないので、着替える必要もなく、すごい楽です。

 

4回というと多い回数ですが、利尻ヘアカラーで3回繰り返したことに比較すると、ずっと染まります。
あと、サンカラーマックスは、一度、染まるとほとんど色落ちしないので前回染めたところに積み上がっていく感じがしていたので気になりませんでした。
4回終了した時点で、チューブの3/4ほど使いました。 
けっこうな量ですが、ビゲンで染めるのに比べると一回あたり使用するクリームの量が少なくてすむ感じです。
多めにクリームをつけると、乾くまでに時間がかかります。

 

最後にもう一点、よかったことをあります。
もみあげの部分は、ビゲンなどでは注意して染めたつもりでも洗ってみると染まっていないことが多いですが、サンカラーマックスは染まりやすいと思いますね。

 

私の髪質には合っているようで違和感はありません。
ただ、私は太くて硬めの髪質なので、柔らかい髪質の方は、どうかはわかりません。
柔らかい髪質の方は、ひょっとしたら女性用のほうがいいのかもしれません。
そのへんのことは私には分かりませんので、メーカーのカスタマーサービスに問い合わせられたほうがいいと思います。
0120-200-100が、製造元のケンコー社さんのお客様相談窓口の番号です。

 

サンカラーマックス 上手に染めるポイント

 

● 髪の毛にクリームをつけたら、できる限り強い光(日光など)に髪の毛を当てる。 
光の強さが染まり具合に大きく影響します。
● 蛍光灯の光より日光のほうがよく染まります。
● かなり長髪、または髪の毛の量の多い人は、まんべんなく日光を当てるようにしてください。
光が当たらないところは染まりづらいです。
● クリームをたくさん髪の毛につけると、乾くまでかなり時間がかかってしまいます。

 

まず、初回の人は、サンカラーマックス 初回限定1本無償プレゼントで試されたほうがいいと思います。

 

 

蛍光灯の光では弱い 染まりも弱い

 

説明書には、日光でも蛍光灯の光でも染まるとあるので、両方試してみましたが大きな違いがあります。

 

蛍光灯の光では、染め上がりが浅く、染まるまでの時間は長いです。

蛍光灯


色味が浅く、少し薄い感じがします。
効果的に染めようと思うと、日光で太陽光線に当てるのがベストです。

 

サンカラーマックスは、銀イオンを髪の毛に付着させることで染まります。
そういえば、今は写真はデジタルですが、少し前まで、写真はフィルムでした。

フィルム

 

学生の頃、モノクロ(白黒)写真に凝りました。 
デジタル写真に対して銀塩写真という言い方をするんですが、昔のモノクロフィルムは、銀を感光剤に使っていました。

 

サンカラーマックスも銀を素材に銀塩で染まります。

 

モノクロフィルムは快晴の時はコントラストの効いた濃くはっきりした写真になります。
反対に、曇の時は、眠い感じのメリハリのない写真になります。

 

サンカラーマックスも銀塩が感光して黒化することで染まりますが、強い光を受けると濃く染まる傾向がありますね。
濃く染めたい方は、蛍光灯などの室内照明を使うのでなく日光に当てると満足のいく仕上がりになると思います。

 

 

 

髪の毛が長い人の場合・乾くと色移りしない

 

長髪

 

髪の毛が長いと、光の当たる部分と当たりづらい部分が別れると思いますが、光の当たらないところは、染まりづらいです。 
できるかぎり、均一に光を当てる必要があります。
特に、髪の毛の長い人は注意が必要ですが、この点がサンカラーマックスの短所の一つだと思います。

 

ただ、一度、染まってしまうと頭を洗ってもほとんど色落ちしません。
全体を染めてしまえば、次からは伸びて白くなったところを中心に染めるだけなので、手間はかかりませんし、サンカラーマックスのクリームもたくさん塗る必要がなくなります。

 

クリームが生乾きの間は、上着の襟首などに色移りすることがあるかもしれません。
長髪の場合は、注意が必要かもわかりません。

 

しかし、完全に乾いてしまえば色はつきません。
クリームは、乾くまでにそんなに長い時間はかかりません。(塗る分量にもよりますが、15分もあれば乾きます。)

 

 



 

>>サンカラーマックスの公式ページで50%割引で買うサイトにいく

 

 

 

サンカラーマックスは、なぜ染まるのか?

サンカラーマックス光で染まる


クリームの中に銀イオンが入っています。
銀イオンが日光にあたることにより酸化し黒くなります。
酸化して黒くなった銀イオンが髪の毛の表面にくっつきます。

 

酸化剤などは使っていませんので、髪の毛の内部に浸食し髪の毛や頭皮を傷つけるということはありません。

 

このようなプロセスで髪の毛が染まりますので、一度染まると長持ちする傾向があります。
染めた後にシャンプーをしても、黒っぽい色が溶け出してくるということはありません。

 

従来の白髪染めとは、値段が1000円以下で薬局などで販売されているものです。
髪の毛に塗る前に、二液を混合します。 鼻にツンとくる臭いのものが多いです。

 

これらの毛染めは、強酸性で酸化剤が入っており毛髪や頭皮には良くありません。
なかには、酸性が強いので頭皮がかぶれたり、湿疹のできる人がいます。

すぐに拭き取る

 

また、混合した液は、ゆるいので液ダレしたり、あたりに飛び散ったりして浴室の壁やタイルを汚す原因になります。

 

かたや、サンカラーマックスは、付属しているくしの上にクリームをつけ髪をとかすだけなので扱いやすく、どこかに液が落ちるということはありません。
顔や首すじ、または衣服にクリームをつけてしまったときは、感光する前に拭き取れば黒く染まりません。

 

サンカラーマックスで髪の毛が緑色になってしまった(・・;)

 

サンカラーマックスで染めた髪の毛が緑色になったという書き込みを見ます(@_@)
これは、説明書にもありますが、サンカラーマックスで髪の毛を染めた後に、他の白髪染めを使うと緑色に変色することがあります。

 

サンカラーマックスの銀成分が、従来の二液混合の髪染めの中に入ってる過酸化水素水と反応して緑に変色するそうです。
他の製品を使わない限り変色すうることはありません。

 

言い方を変えると、一度、サンカラーマックスを使うと、他の髪染めと併用できなくなります。
その点については、注意してください。

 

朝、使ってください(^^)

 

サンカラーマックスは、朝に使ってくださいということです。
前の晩、または、朝、シャンプーをしタオルで水気を取り半乾きの髪・乾いた髪の状態で白髪部分を中心に塗ります。

 

リンスを使った後、または整髪剤が髪の毛に残っている状態で、サンカラーマックスを使いますと、思ったように染まらないだけでなく、髪の毛が変色することもありますので注意してください。

 

白髪染めは一度染めてしまったら、それで終わりでなく、伸びてきたら、また染めることになり、その繰り返しです。
髪質に大きく影響されますが、利用される人が、自分にあっている・使いやすいと感じられるものを使われるのが一番です。

 

私は、浴室を汚さず手軽に白髪を染めることができるものを探してサンカラーマックスを選びました。
少しお値段が高いですが、一度、全体を黒く染めれば、次からは10日〜2週間おきで白髪が目立ち始めたら根元を中心に染めます。
だいたい、二ヶ月半で75グラムのチューブを一本使います。
ビゲンは、時間が経つと色が落ちてくるので全体を染め直していました。 だいたい、1ヶ月で1本です。
倍ぐらいの値段の差がありますが、浴室が汚れず、染める手間がかからないことを思えば、それだけの値打ちはあるかなと思っています。

 

サンカラーマックスは、現在まで累計500万セットを販売したベストセラーで多くの方がリピートしています。
「皮膚が弱い人」、「二液混合の酸化剤の毛染めが合わない人」、「お風呂で寒い思いをしたくない人」、「かんたん・手軽に髪染めがしたい人」の人たちが愛用しているということです。

 

一度使ってみようという方は、メーカーから買うのが一番お得です。
サンカラーマックス 初回限定1本無償プレゼント

※ 新製品のハーフサイズ(40グラム)が二本(80グラム)で3240円+360円(送料)